コーヒーストーリー vol.8


みなさん、こんにちは。西関東・甲信エリア エリアコーヒーマスターの小寺依梨子です。

この4月にコーヒーパスポートが新しくなったのをご存知ですか?コーヒーパスポートとは、日々飲んだコーヒーの味わいを記録していく自分だけのノートです。なかなか旅に行けない昨今でも、コーヒーで生産地旅した気分になれるためのノート、それがコーヒーパスポートです。

私の所属する店舗では、パートナー(従業員)みんなで一冊のコーヒーパスポートを作り、生産地のストーリーやおすすめのいれ方、フードペアリングなど伝えたいことを全てのページに想いを込めて書きました。パスポートと一緒にコーヒー生産地をめぐりながら楽しむことで、みなさんのコーヒーライフがより豊かになってもらえるといいなと思いながらお話しさせていただいています。

さて、今日はみなさんに私のお気に入りのコーヒーをご紹介させてください。それは「フェアトレード イタリアン ロースト」です。「イタリア」の名前が入っている通り、パッケージにはイタリアの乗り物「ヴェスパ」とイタリア語で「La dolce far niente(何もしない喜び)」という言葉がデザインされています。

パートナーが書いてくれたパスポートのページを開いてみましょう。

「ほのかなカラメルを感じさせるリッチなコーヒーです」と書いてあります。

ところでみなさん、フェアトレード イタリアン ローストは飲んだことはありますか?

スターバックスで何度かアイスコーヒーを注文したことのある方なら一度は味わったことがあるかもしれません。おそらく第一印象は「苦い…!!」と感じる方が多いのではないでしょうか。それもそのはず!このコーヒーはスターバックスのコーヒー豆のラインアップの中で2番目に深煎りのコーヒーです。力強い風味が印象的なコーヒーですが、飲み終えたあと、口の中に残る余韻をゆっくり味わってみてください。じわじわと残るカラメルのような甘みやかすかに感じる香ばしさがあり、深みのあるとてもリッチな味わいです。

暑い日が増えてきたこの季節にはアイスコーヒーにして飲むのもおすすめです。

フェアトレード イタリアン ローストのもつローストの力強さが、冷たくすることですっきりとしたのどごしが感じられ、心地よい清涼感を味わえます。

さらに私がおすすめしたい楽しみ方をもうひとつ。キャラメルアイスクリームでのアレンジコーヒーです。

とろけるアイスクリームを楽しみながら口の中でコーヒーと合わせてみてください。お互いのもつ甘さと香ばしさのハーモニーと、柔らかく広がるコーヒーの香りに思わず笑顔がこぼれてしまいますよ。

さて、このフェアトレード イタリアン ローストですが、私がこのコーヒーをお気に入りの理由がもうひとつあります。それはこのコーヒーが「フェアトレード コーヒー」だということです。公平、公正の証が付いたこのコーヒー。

フェアトレード コーヒーとは「生産者の成果に見合った価格でちゃんと取引をしたコーヒー」を意味します。このコーヒーを選ぶことが生産者の生活を支えることや自然環境保護につながると知った時、より多くの人にフェアトレードコーヒーのことを知ってもらいたいなと思いました。ちなみに5月は世界フェアトレード月間でもあるんです。

お客様とのコミュニケーションから生まれる楽しい笑顔。おいしい!とこぼれる笑顔のその先は生産者の方々の幸せの笑顔につながります。

自分が選ぶその一杯から笑顔のサイクルが始まる…と考えるとちょっとワクワクしませんか?

フェアトレード イタリアン ローストは毎月20日エシカルなコーヒーの日にアイスコーヒーとして提供しているので是非飲んでみてくださいね!

みなさんがこの文章を読み終えた後、いつもの一杯がよりおいしく、より大切にして思えて、そして笑顔になってくれたら嬉しいです。