店舗のスタンプなどを集められる <マイストアパスポート>をご存知ですか?


スターバックスは2022年6月末現在、日本全国に1,724店舗を構え、その1店舗1店舗に異なるコンセプトを掲げ、パートナー1人1人が、地域・地元の方々をはじめすべてのお客様に「自分の居場所」と感じていただけるよう1杯のコーヒーを通してぬくもりをお届けしています。

<マイストアパスポート>は、お客様とご利用いただいた店舗とのつながりをスマートフォンアプリやWEBで確認できるというものです。日本全国の店舗それぞれに用意されたスタンプを集められるほか、店舗パートナーからのメッセージなどをご覧いただけるだけでなく、あるご利用条件に達するとメダルが付与されます。
このサービスは、2020年12月にスタートしましたが、さらに多くのお客様にお楽しみいただくため、今回じっくりと店舗パートナーの想いや使い方をレポートしたいと思います。

<マイストアパスポート>のスタンプに込める店舗パートナーの想い

<新潟亀田店>でアシスタントストアマネージャーを務める古谷さんは、実際にサービス開始当初から<マイストアパスポート>の愛用者で、自身も旅行が趣味でいろんな土地のスターバックスに行ってはそれぞれのお店のスタンプを集めています。そんな古谷さんは、
「地元はもちろん他の地域に行って、そのお店の方の想いを感じたり、マイストアパスポートを通じて後から思い出せたりするということがあり、この新店舗<新潟亀田店>でも<マイストアパスポート>の良さを知ってもらいたいです。」
ストアマネージャー川原さんも今後の思いを語ります。
「<新潟亀田店>は、《新潟のベネチア》と呼ばれる新潟江南区に2022年7月22日に開店しました。この地域初出店となります。仕事帰りや学校帰り、買い物帰りに立ち寄って頂ける、亀田の街のシンボル的なお店に、そして地域の方々にとっての集いの場として活用いただきたいです。また、この<マイストアパスポート>は、この亀田店を皮切りに新潟のお店を回っていただくきっかけのツールとなれば良いなと思います。地元のお客様にはリピータースタンプを、観光でいらしたお客様にはお店のスタンプをGETして楽しんでいただきたいですね。」

さらに、この地域を担当するディストリクトマネージャーの日暮さんは、以前担当していた他の地域と比べ、「新しい商品が出た時や、スターバックスの新しいカードデザイン発売になった際に街中でよく話題にのぼるなど、新潟県の方々のスターバックスにかける思い、熱量は、すごく高いと感じています。」
と話します。この地域でもスターバックスでの店舗体験と共に、<マイストアパスポート>もひとつの楽しみとして受け入れていただけることを願います。

<岡山天満屋店>は、近隣にあった<岡山ロッツ>の閉店から約4ヶ月後の2022年7月13日に入れ替わるように開店した、すでにスターバックスファンが多くいらっしゃる地域のお店です。
「老舗百貨店<天満屋>の目の前に位置し、なおかつ近隣にオフィスも多いため、お買い物帰りのお客様から出勤前に立ち寄るお客様など、幅広い年齢層の方々に訪れていただいています。」
と話すのは<岡山天満屋店>ストアマネージャーの諏訪薗さん。

「以前からずっといらしていただいていたお客様も、これから出会えるお客様にも、親しみを持てる、ホッとしていただけるようなお店にしたい。」
という今後の展望があり、<マイストアパスポート>の店舗からのメッセージには、
「どちらのお客さまにも、新店として新しいスターバックスを感じていただける、そういった意気込みが伝わるように想いを込めました。」
と語ります。
今までにも旅行で来られたお客様が、様々なお店へ行かれたスタンプをパートナーに見せてくださったこともあったそうで、コミュニケーションのツールとしても活用していきたいそうです。

<岡山天満屋店><新潟亀田店>だけでなく、それぞれの店舗にそれぞれの想いがあります。
ぜひ旅行先や近隣のスターバックスに立ち寄り、パートナーからのメッセージを受け取ってみませんか。

<マイストアパスポート>を使いこなすマスターたちはどう楽しんでいるのか

お客様は、どのように<マイストアパスポート>をご利用されているのか、サービス開始時よりよくご利用いただいている方にお話を伺うことができました。

出張が多いそのお客様は、新しい土地で仕事終わりに訪れたことのないお店に行くことが楽しみとなっていると言い、

「出張先では、事前にまだスタンプを持っていないお店を見つけて行くようにしています。初めて訪れるお店では、いつも頼むビバレッジでもパートナーにおすすめのカスタマイズを聞いてオーダーするようにしています。お店の方によっていろんなおすすめがあるので毎回新しい味に出会えるんです。」

と、様々なお店のパートナーとのつながりも楽しんでくださっているようです。

さらに

「翌日に、その店舗のスタンプが増えているがコレクターとしては嬉しいですね。」 と店舗での体験とともにマイストアパスポートの楽しみ方を語ってくださいました。

<マイストアパスポート>使いこなしマニュアルをご紹介

<マイストアパスポート>の開き方 ※画像はイメージです

さて、ここで<マイストアパスポート>についておさらいを。

まずは、My Starbucks会員登録と、スターバックスカードの登録から。手順はこちらをご覧ください。スターバックスカードの登録ができたら、そのカードまたはアプリで支払いをするだけで、利用店舗のスタンプが翌日の午後以降に自動的に反映されます。(*1)また、スタンプをタップすると、拡大画面に切り替わり、その店舗への訪問回数と、最終訪問日、そして店舗からのメッセージが記載されていて、それぞれの店舗の思いを感じていただける仕様となっています。(*2) 登録されたスターバックスカードの購入履歴にひもづいてスタンプが表示されるため、過去にご利用いただいた店舗のスタンプも表示されます。

<マイストアパスポート>のスタンプ ※画像はイメージです
<マイストアパスポート>のスタンプメッセージ ※画像はイメージです

スタンプだけでない楽しみ方、達成ごとにメダル獲得

さらに、ご利用頂いた店舗数や回数などが一定条件に達すると、それぞれのメダルページに条件に応じたメダルが獲得できます。2022年8月現在、トラベラー、リピーター、都道府県の3種類のメダル項目があり、ご利用いただいた店舗数、同じ店舗でご利用いただいた回数、都道府県、エリアなどによってメダルを集めることができます。例えば都道府県メダルは、東京なら高層ビル群などそれぞれの都道府県の特徴をイラストで描かれていて、全国を旅している気分になれると好評です。 スタンプの数を増やすために毎回異なる店舗に足を運びトラベルメダルを確実に増やす方はもちろん、じっくり同じ店舗に通い続けリピーターメダルをGETする方もいらっしゃいます。

ご利用店舗数、リピート数、都道府県数などによりメダルが付与されます ※画像はイメージです
ご利用店舗の都道府県のイラスト入りメダルが付与されます ※画像はイメージです

訪れた店舗のメッセージを読み返してみると、また違った角度からそのお店が見られるかもしれません。

より多くのお店に訪れ、たくさんのスタンプ集めをするもよし、同じお店に通い詰めて、リピーター道に徹するもよし。それぞれのお店の想いを感じ取っていただき、また違ったスターバックスの楽しみ方を見つけてみませんか?

*1:※通常はご利用日の翌日13:00−14:00にスタンプが反映されますが、予告なく反映が遅延する場合がありますので、あらかじめご了承ください。 *2:※新店などスタンプが未完成の場合は、coming soonスタンプが表示されます。完成後にオリジナルスタンプに切り替わります。 ※一部、複数店舗で共通のスタンプデザインやメッセージがあります

thumbnail for スターバックスの「品質基準」: おいしさを保ち続けるための積み重ね 

スターバックスの「品質基準」: おいしさを保ち続けるための積み重ね