コーヒーストーリーVol.13 


みなさん、こんにちは。

コーヒーアンバサダーの間惣 檀(あいそう まゆみ)です。

少し肌寒さを感じるようになり、ホットコーヒーとお気に入りのパンで迎える朝に、ますます幸せな気持ちを感じるようになりました。

食べ物もおいしいこの季節、今日はどんなコーヒーと合わせようかなと考えながら毎日楽しんでいます。

毎月20日はエシカルなコーヒーの日。

コーヒーマスターというコーヒーの魅力を楽しくお伝えしたいという想いをもつ仲間とみなさまへコーヒーストーリーをお届けしています。

みなさんもご自宅でコーヒーをいれることはありますか?今月のコーヒークイズはおいしくコーヒーを楽しむために知っておいてほしい内容なのでぜひ一緒に考えてみてください。

では今月のコーヒークイズです!

生産地から長い旅を経て届いたコーヒー豆。最後まで美味しく楽しむために、気をつけたいコーヒーの「敵」にあてはまるものは?

① 乾燥

② 音楽

③ 湿気

Sakai_Emiko

正解は③湿気です。

コーヒー豆は実はとても繊細です。
焙煎後のコーヒー豆は鮮度とおいしさが密接に関係しています。

一粒一粒生産地から私たちの手元まで届けられた大切なコーヒー豆を、開封後も最後までおいしく楽しんでいただくために、開封後1〜2週間以内に飲みきることをおすすめしています。(一気に全部は飲めないよ・・・という方には100g〜量り売りもしています!)

さらに少しでもおいしさを長持ちさせるために大切なのが、コーヒーを4つの敵から守って保管することです。

4つの敵は「酸素」「光」「熱」「湿気」です。

Sakai_Emiko

スターバックスで販売しているコーヒー豆の袋は、フレーバーロックバルブという、酸素を遮断し二酸化炭素だけを外にだすことができる特別なパッケージになっています。

そのため、できるだけ空気を抜いて密閉した状態で湿気や直射日光の当たらない戸棚の中などで保管していただくことをおすすめします。

また、挽いたコーヒー豆は表面積が増え、味わいの変化がより進みやすくなってしまいます。ご自宅でもお店みたいなおいしいコーヒーが飲みたい!とお悩みの方はぜひコーヒー豆を挽くグラインダーやミルを用意していただくと格段にご自宅コーヒーの味わいがアップするのでおすすめです。

コーヒーを挽くときに広がるコーヒー豆の香りにとっても癒されますよ。

さて、本格的に寒くなってくるこの季節に皆さんにぜひご自宅で楽しんでいただきたいコーヒーは「スマトラ」です。

どっしりとした力強いコク、コーヒーといえばこの味わいと思えるような安心感があり、私にとってコーヒーをおいいと思うきっかけになった特別なコーヒーです。

まろやかな口あたりに重量感のある味わい、ハーブのようなスッと心地よい後味が飲み終わった後まで幸せな余韻を感じさせてくれます。

また甘いものはもちろんお食事との相性も抜群のコーヒーです。

シナモンが練り込んであるお菓子やパン、キノコやチーズをたっぷり使った体が温まるようなお食事と合わせるとさらにおいしさが引き立ちます。

意外と思われるかもしれませんが和菓子との相性もいいんですよ!

スマトラは、スターバックスの創業当初から現在に至るまで50年以上販売を続けているコーヒーです。

実はコーヒーの木は、さび病と呼ばれる病気になってしまったり、気候変動によって栽培の環境変化が起きると育たないため、生産は容易ではありません。なので、こうして長期間にわたり、お客様の元へお届けし続けることができているのはとても素晴らしいことなのです。

スターバックスはファーマーサポートセンターというコーヒー生産者が誰でもアクセスできる支援施設をつくり、スターバックスで取り扱うコーヒーだけでなく世界中のコーヒー農園をサポートすることでこれからもおいしいコーヒーを楽しむことができ、生産者にとっても幸せな生活ができるようなつながりをつくっています。

つまり、お客様が楽しんでくださるスターバックスのコーヒー一杯、コーヒー豆一袋が、これからもおいしいコーヒーを飲み続けることのできるコーヒーの未来に、そして、コーヒーに携わるすべての人たちの幸せにつながっています。

生産地から私たちの手元まで届いたコーヒーの道のりに思いを馳せ、いつも以上においしい一杯をお楽しみいただけると嬉しいです。 ぜひお客様の好みにぴったりのコーヒー豆を店舗で一緒に見つけるお手伝いをさせてください。

thumbnail for お互いに刺激しあい成長できる環境。スターバックスで働く親子の物語

お互いに刺激しあい成長できる環境。スターバックスで働く親子の物語