コーヒー豆かすを利用して「コーヒーが森をつなぐ」未来を目指す


大阪中心部から電車で30分、市内の約70%を森林が占める自然豊かな街・河内長野市に、2021年9月、市内初のスターバックス コーヒー 河内長野高向店が誕生しました。きっかけとなったのは、2019年11月に大阪・梅田にオープンしたLINKS UMEDA2階店。「スターバックスの森」として地元木材をふんだんに使ったこの店づくりを機に河内長野の地域住民とのつながりが生まれ、今回の出店になりました。

「つながりから生まれた店だから、コーヒーを通じて地域のみなさんの活力やエネルギーとなるような存在でありたい。」そんな想いで生まれた同店では、地域と一緒に未来へその想いをつなぐための取り組みが行われています。

ふんだんに使った地域資源「おおさか河内材」が森林への興味を誘う

地域のつながりのきっかけとなる場所であるために、私たちにどんなことが出来るのでしょう? 大阪府森林組合 南河内支店とともに、その方法を模索してきました。その1つが、地域の資源「おおさか河内材」を活用することです。

おおさか河内材は地元のスギやヒノキで、緻密な木目と、ヒノキは薄くピンクがかかった色みが特徴です。店内のテーブルやイスはこの木材を使い、家具を大阪府森林組合 南河内支店(以下、森林組合)と飛騨産業株式会社とで共同開発しました。

「家具に触れると、丸みのある感触で気持ちいいんです」と、ストアマネージャー(店長)の趙さん。まわりの豊かな自然と相まって、店全体からコーヒーと木のあたたかさを感じる空間になっています。
「地元にこういう木材があるんだということに感銘を受けてくれる方がたくさんいて嬉しいです。私たちも河内長野の森林で大切に育まれたおおさか河内材に囲まれて働けるのは喜びですね」

こうした木材の利用から地元に素晴らしい資源があることを知り、地域の方々が森林について考えるきっかけになってほしいと、大阪府森林組合南河内支店 森林ESD/プロモーション担当の倉橋 陽子さんは言います。
「森林からの恩恵を受けて生活していることはなかなか気づきにくい。しかし森林を守らなければ川はゆっくり流れません。森林を手入れしなければ土砂崩れなど、災害が起こる可能性も高くなります。私たちの生活に森林が密接にかかわっていることを、店舗をきっかけに知り、興味を持ってもらいたいです」

コーヒーの豆かすと木材チップからたい肥を作り森林との循環を目指す

コンポスト

もう一つの取り組みは、「コーヒーの豆かすと木材チップでたい肥を作る」ことです。河内長野の森林が抱える、国産木材の需要と供給のバランスから植栽が進まないなどの課題を前に、継続的なプロジェクトとしてスタートしました。

屋外の敷地にたい肥を作るコンポストを設置。森林組合のレクチャーを受けながら、店舗で出るコーヒーの豆かすと、森林組合からの木材加工で出る木材チップを混ぜ入れて、たい肥作りを試みています。たい肥は1カ月に1回、豆かすと木材チップの様子を見ながら配分を変えて作り、数日おきにかき混ぜるなどして発酵状況を確認。6か月程度で完成します。

10月のある日、そのたい肥作りを見学すると「豆かすの水をもっときった方がいいですか?」「水をきりすぎても発酵が進まないのよ」と、森林組合の方々に尋ねながら真剣に取り組むパートナー(従業員)の姿がありました。

1カ月前に仕込んだ箱の中を確認すると豆かすや木材チップの形跡はほとんどありません。サラサラの土のような様に「おお…!」と、自然の力に対する驚きと喜びが混じった声が上がります。

10月に仕込んだもの(左)と1カ月前に仕込んだもの(右)

そんな様子を見て笑顔を見せる、と森林組合の倉橋さん。「こういう“見えない力”の面白さをたい肥作りを通して知ってもらいたい。森林は50年、100年も前に人が植えてくれたものの恩恵を受けています。見えない力が私たちを支えてくれている。それを私たちも未来へつないでいきたいと思っています」

このプロジェクトには大きな夢が広がっています。ここで出来たたい肥を敷地の植栽に使用していくことです。そしていつか、このたい肥を活用しながら木の苗を育て、その苗を、河内長野の山に返したいという想いがあります。

いつか河内長野の山々にスターバックス育ちの樹木が青々と茂る日がやってくるかもしれません。50年先、100年先を見据えた道のりは、まだ始まったばかりです。

thumbnail for 現代アートに出合う“共同アトリエ” のような京都BAL店

現代アートに出合う“共同アトリエ” のような京都BAL店