お客様へ想いを込めて。パートナー考案の秋の新作ドリンクが登場


2022年9月1日(木)より、「コーヒーアンバサダー」が考案した秋限定ドリンクが登場します。コーヒーアンバサダーとは、コーヒーの幅広い知識を認められたバリスタの証「ブラックエプロン」をもつパートナー(従業員)の中でも、頂点に立つ人たちのこと。日常の中でお客様に寄り添うバリスタだからこそのアイデアがたっぷり詰まったメニューの魅力をお届けします。

4名のコーヒーアンバサダーが考案する4つのドリンク

「Our Harvest Table」をコンセプトに開催する秋のプロモーション「Artful Autumn @ Starbucks®」では、パートナーが秋の素材のおいしさを様々な手法で表現しています。そのうちのひとつとして登場するのが、コーヒーアンバサダーが考案したドリンクです。

社内外にコーヒーの啓蒙活動を行うコーヒーアンバサダーは、年に1回の社内競技会「コーヒーアンバサダーカップ」の予選を勝ち抜いたファイナリストたちです。今回の4つの商品はコーヒーアンバサダーそれぞれが、開発チームとともに作り上げたもの。普段から店でお客様と接する中で感じてきた、求められているもの、届けたいものを形にしました。

コーヒーが苦手な人にも楽しんでもらえるデザートラテを

東日本リージョン・望月さんはコーヒーアンバサダーカップで優勝した、第17代コーヒーアンバサダー。彼女が考案したのは、デザート感たっぷりの「モンブラン ラテ」です。

ボディにはオーツミルク×エスプレッソのラテにマロンソースをブレンド。マロン風味のホイップとマロンソース、刻んだ栗をトッピングした、まさに栗尽くしです。サラリとしたオーツミルクとマロンソースとの相性が抜群で、甘味がありながらも軽い口あたりで最後までおいしく楽しめます。

望月さんは、コーヒー好きにもそうでない人にもスターバックスのコーヒーを楽しんでもらえるレシピにこだわりました。その理由を「スターバックスのコーヒー豆は環境や、生産者をはじめとするコーヒーに関わる人々や、様々なことに配慮してエシカルに調達されています。そんなコーヒーを使うのだからより多くのお客様にお届けしたいと思うので、“最後までおいしく飲んでいただく”ということを大前提に、またリピートしてもらえるものにしたかった」と語ります。まるでモンブランケーキのように濃密な栗の味わいが、幸せな時間を届けてくれます。

オフィスでの時間が、美しい紅葉の森の中にいる気分になるように

コーヒーにまつわる様々なストーリーをお客様に届けることがうれしいという中日本リージョンの斉藤さん。テーマを聞いた時「最初に秋の景色、紅葉する森が浮かびました」と言います。秋の森の中を思い浮かべる中で“栗”や“ナッツ”という素材がキーとなってできたのが「ハニー マロン ラテ」です。

オーツミルクを使ったラテにマロンソースとハチミツを加えて。トッピングにもハチミツとマロン風味を加えたホイップに、さらに飴がけしたサクサクのナッツとハチミツがかかった、ハチミツの優しい甘味が栗の風味を引き立てる一杯です。

特に表現したかったのは、「木漏れ日が差し込む紅葉のキラキラ感」だと言います。ホイップの上にナッツとハチミツをかけることでビジュアルでも紅葉を演出した理由は、飲む人がどこにいても秋を感じてほしかったから。

「私が働いている店舗は都心にあって、オフィスへテイクアウトされるお客様が多くいらっしゃいます。室内で飲まれる方にも、このドリンクを飲むことで秋の美しい景色の中にいるような雰囲気を感じていただければ」と想いを込めました。

そしてハニー マロン ラテの楽しみ方を、斉藤さんは「詩集をめくるような」と表現します。最初は蓋を外して紅葉のキラキラ感を楽しみ、そのあとにゆっくり全体を味わうことで、まるで詩集のページをめくるようなワクワクする変化を楽しめるのだそう。

「ナッツも数種類入っているのでいろいろな食感があり、そのあとにマロンの甘味やコーヒーのほろ苦さがきて、飲むごとに変化が楽しめます」

飲んだ人が懐かしい瞬間を思い起こし、ほっこり安らげる一杯に

今回の新商品の企画に自分が携わると聞いて「夢がかなった!」と感じたのは、西日本リージョンの緒方さん。考案したのは、焼き栗ソースを使った「焼き栗 ラテ」です。

オーツミルクを使ったラテに焼き栗ソースをプラス。ホイップには焼き栗ソースと刻んだ栗をトッピングし、焼き栗のホクホク感を表現しました。

こだわったのは、香りや味わいから呼び起こされる“懐かしい記憶”です。「クリスマス限定の甘いラテを飲んだ時に心がほっと安らげる気持ちになったことがあり、この感動体験をお客様と共有したいという想いがありました。“ほっとできるドリンク”をと考えた時、焼き栗なら多くの方が共通して昔懐かしい気持ちになれるのではとひらめきました」と言います。多くの方に共感していただけるシンプルでおいしいものを目指し、栗の素材感や素朴さが感じられる一杯にいきつきました。

お客様の“飲みたい”を形にする、ロースタリーらしい特製マキアート

スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京で働く川地さんが考案したのは、「ナッティ モカ マキアート」。お客様に、通常店舗の定番商品「キャラメルマキアートはありますか?」と聞かれることが多かったことが、メニュー考案のきっかけになったと言います。

「ロースタリー 東京やリザーブ コーヒーの店舗では通常店舗にあるマキアートスタイルに近い商品がありません。だからまず、マキアートスタイルのレシピにしたいと思いました」

ナッティ モカ マキアートはスチームにしたアーモンドミルクに、ジャンドゥーヤをイメージしたチョコレートとナッツの風味を加えたエスプレッソを注ぎます。さらにモカパウダーとアーモンドプラリネをトッピングしました。エスプレッソをしっかり入れて甘さを抑え、ナッツの香ばしさが香る自信作です。

「実りの秋の象徴としてナッツはピッタリ。提供には、マグカップではなくあえてグラスをチョイスし、少しずつ深まっていく紅葉のようにエスプレッソがミルクになじんでいく様子を楽しんでいただけるようにしました」と、ビジュアルも重視しました。

「ロースタリー 東京に初めて訪れていただくお客様にも、キャラメル マキアートのように親しんでいただけるドリンクを」という想いが込められた「ナッティ モカ マキアート」はホット、アイス両方が登場。販売はロースタリー 東京とリザーブ バーの一部店舗となります。

各リージョンのコーヒーアンバサダーが考案したドリンクは、各リージョンにある店舗での限定販売です。お客様へ想いがたくさん詰まっているドリンクを、ぜひ体験してみてください。

thumbnail for 春の訪れを告げるSAKURAシリーズに込めたストーリー

春の訪れを告げるSAKURAシリーズに込めたストーリー