居場所づくりを大切にするスターバックス、新潟県のこども食堂の活動に400万円を寄付。店舗で取り組むフードロス削減の活動を、さらに子どもの食や未来へつなぐ


スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社[本社所在地:東京都品川区、代表取締役最高経営責任者(CEO):水口貴文]は、食品廃棄を減らしながら社会にポジティブなインパクトを与える取り組みの一環として、2021年8月より、期限切れフードの廃棄量削減を目的に、店舗の在庫状況に応じてドーナツやケーキなどを20%ディスカウントし販売するプログラムを行ってきておりますが、このたびその売上の一部である400万円を認定NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ(以下、「むすびえ」)に寄付したことをご報告いたします。これにより、新潟県内のこども食堂をつなぐネットワーク組織を構築し、10か所以上のこども食堂の新規立ち上げや延べ200団体へ食材などの提供をサポートさせていただく予定です。

写真提供:NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ
■認定NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえと、食事をともにし、絆を深める場づくりに取り組む

むすびえによると、新潟県には現在100を超えるこども食堂がありながら、地域によっては存在しないなどの偏りがあり、また既存そして新規で立ち上がるこども食堂を包括的にサポートする県域ネットワークがないという課題があります。スターバックスは人々が自分らしく過ごせる居場所の提供を大切にしていることから、こども食堂が子どもたちにとって、誰かと食事をともにする貴重な場であり、地域コミュニティの中で自分らしく過ごせる居場所のひとつとして、より楽しい場所となるよう「むすびえ」に寄付を行い、新潟県内におけるネットワーク組織の構築をサポートします。これにより有益な情報交換や食材など必要な資源をニーズに合わせて分配できるようになるなど、今後こども食堂が安定的に運営されることを期待しています。

■寄付先の声

認定NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ 広報・ファンドレイジング統括責任者 三島理恵さん 「こども食堂で、みんなで食べるのが楽しい」「こども食堂でたくさん料理を覚えて、みんなの笑顔が見られるのを楽しみにしている」―これはこども食堂に行っている子どもたちからの声です。この活動が全国に広がり、地域の居場所があることが当たり前になるためにーそんな思いをスターバックス コーヒー ジャパンと共有でき、今回ともに活動できることを嬉しく思っています。


寄付先:認定NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ

こども食堂を応援する企業・団体とこども食堂をつなぎ、こども食堂の意義や実態を伝え、理解を広げる調査・研究など、各地域のこども食堂ネットワーク(中間支援団体)がより活動しやすくなるための後押しを行っています。子どもたちと、こども食堂と、こども食堂を支援してくれる人たちの3者をつなぐ「むすびめ(場)」を目指しています。

https://musubie.org/


■実施した店舗のパートナー(従業員)とお客様の声

店舗で日々、期限の管理をしているパートナー(従業員)からも、廃棄しなければならない物を減らしたい、という声が多く上がっており、お客様からも「自分がフードを買うことでフードロス削減につながり、それがより良い環境につながることはとてもいい取り組み」「スターバックスだからこそ価値がある取り組みだと思う」など活動に賛同いただいております。

スターバックスは、リソースポジティブカンパニーの実現を掲げ、2030年までに店舗などから出る廃棄物50%削減を目指しています。その取り組みの一つとして食品廃棄物削減に取り組むとともに、日本では売上の一部を寄付し子どもの食や未来への貢献を、北米では「フードシェア」プログラムを通じて飢餓救済活動を支援するなど、グローバルで社会課題に対してポジティブなアクションを今後も進めていきます。

*関連リンク(英語): 米・スターバックスがフィーディング・アメリカに170万ドルを寄付し、食料への公平なアクセスを支援

https://stories.starbucks.com/stories/2021/starbucks-grants-support-equitable-access-to-food/